カテゴリ
全体
白くまポロロ
紹介



家カフェ

道具
家族
嫁問題
反省
気に入り

徳島の夏 阿波踊り
エキサイトブログ
災害
こころの安定
さんぽ
からだ、からだ=3=3=3
事故
当たった
未分類
以前の記事

タグ:結石 ( 6 ) タグの人気記事

本当に長かった、、結石手術(左腎 再右腎)

6月右に続いて左の結石手術を先週受けてまいりました。家人の話です。
f0135923_10201978.jpg


前回の担当医からは、別の病院に行ってるから私いない。来る?高速一時間、、なんて言われたそうでなんでも新しい機械だそうです。

新たにCT撮ってみると、まだ右にも石あり。もう1回になるかもと今回の若医師に言われるのでした。
手術は2時予定。昼頃病室ついてご飯食べたりコーヒーいれたりしていたら、早くなったと1時には歩いて手術室に向かいました。
またすぐ呼ばれるよね。と、のんきに待ってたんです。一時間、そろそろかな?一時間半、まだかな?二時間、もしかして敗血症?死ぬ?どうしよーーー。と病室で一人静かに泣いておりました。
結石手術 時間 で検索したら、2時間とか3時間とあり、少し落ち着いたら呼ばれました。
話があります。て。
え、やっぱり??と不安なまま着いて行くとベッドに横たわる夫、医師は電話中。あぁ と思っていたら、足がひょこひょこ動き生きているのを確認しました。よかっぱ
結局前回のベテラン医師が担当してくれ、しかも「頑張って」左右いっぺんにやってくれたそうでその話を聞いた瞬間、なぜか心の中でハグしてました。その医師に。ありがとーありがとー
しかも採った石、くれた。
f0135923_6581257.jpg


病室に戻るとやっぱり痛いー痛いー。動画撮ってやりました。前回詰まってしまったので看護師の方も気にかけてくださったようです。熱も前ほどは出ず、座薬いれてもらったらよく効いたみたいですーぴー寝てました。

土曜家に一人いてもしゃあないし、翌日も朝から付き添い。なんて優しい嫁じゃ。親子て思われてるかもしれんし、モラハラパワハラて思われてるかもしれんね。なんて想像したり、持参のリクライニングチェアで寝たり、コーヒーいれて飲んだり、理想の教科書暗唱して読み聞かせたりでした。私の食事温めに談話室行くときは運動に夫もついて。あげくカフェまで行く言う始末でした。
f0135923_6581387.jpg


再発しないよう、予後の生活習慣に気をつけねばいけませんね。
[PR]
by junju5-8 | 2015-08-25 10:28 | | Trackback | Comments(0)

結石手術(尿管 右腎)

経尿道的尿管結石破砕術(TUL)
f0135923_13319.jpg
[手術翌日、38度近くの熱だして寝ている図]

今回は眉山麓の病院で、こんな日程でした。
 入院6月17日(水)午後
 手術  18日(木)10時
 退院  20日(土)11時
先月末、以前手術した病院を受診して、こちらを紹介されました。その時は「経皮的結石破砕術(PNL)」と案内されていたのです。背中に穴を開けて内視鏡でするやつ、、、。検査してみると、TULでできそうとのことで胸をなで下ろしました。だってPNL、背中に2センチくらい穴開けて管ぶっ刺すんですよ。こんな感じ
f0135923_1505811.jpg
怖い!
TULは、尿道から内視鏡を入れて結石を砕く、という、前の病院でやったやつです。あの、臍から膿やら脂肪やら出て痛みに悶絶して大変やったやつ。今回は術前に抗生剤出してくれて予防できたみたいです。なので舐めてました。入院当日は夫も「ピクニック気分」なんて夫婦共々余裕ぶっこいてました。
夜から絶食、手術当日朝8時からは絶飲。血栓防止のストッキング履いて、点滴。人工呼吸の説明受けたりなんやかんや、手術室までは点滴つけて歩いて行きました。
10時開始。嫁は持参したラジオ付けたり、靴下干したり、ハンカチ洗ったり。ほどなくして呼び出しがあり、担当医が「取れました。」と見せてくれました。医師が意志を持って取った石を持って、説明してくれた。

ベッドに寝た状態で病室に運ばれ、看護師の方が酸素やら用意してくれました。意識はありますが、顔は真っ青で血の気がありませんでした。全身麻酔で、枕なし。翌朝まで安静です。お下の方は尿道カテーテルで尿袋がついているので心配いりません。術後は鮮血の尿が出、時々血の塊が出ます。カテーテルの違和感か常に尿意があるそうで、「出よる?」としきりに私に聞くのでした。
答えはいつも、「出よるよ。心配ない。」
「詰まってない?」
「いける。いける。」と生返事で。
手術6時間後に飲水許可が出、飲みやすいようにあり物で作りました。清潔か否かという疑問符つき。
f0135923_133171.jpg
看護師さんに「手作り・・・・・・。」て言われたよ。工夫したの。
そして、「クマも可愛いねぇ。」て言われた。
f0135923_133179.jpg
でも、夫は気づいてなかったらしい。あと、、「座りやすそうな椅子ですね。」とも言われたから、寝られるとリクライニングを披露しておきました。そんなこんなで、当日も8時すぎまで病室におりました。

翌日も年休もらっていたので、早めに病室に行きました。朝6時にはストッキング脱いで、お粥の朝食もとれるらしい。
開口一番、「昨夜大変だったんやけん。」
「しっこ詰まって腹痛とぅて、カチカチなってな。お袋が透析寸前までいったのと同じ症状。(本人曰く。)」
「ナースコールして、管抜かれて。また入れて。やっぱり出んから、結局抜いて。痛かったわー。」てな話を聞いていたら担当医が回診に来てくれて、心配無用な旨説明してくれました。
今回腎臓の石も砕いて、ステントという管入れて血尿やし、不安なんでしょうね。嫁は心配もせず、買ってきた朝食横で食べてるし。テレビ見て寝るしかないようでした。
お湯沸かして持ってきてたからコーヒーいれて飲んだり、椅子で寝たり、おやつ食べたりの私。入院付き添いで肥える人いるそうですね。お昼は私一人、院内レストランでランチB。500円でおつり有り。お腹いっぱいになりました。
f0135923_133121.jpg


夫の熱は変わらずあり、少し心配になって濡れハンカチ頭に乗せてやりました。回診に来てくれた医師は「病人になってない?」て夫に訊ねるのでありました。ふふふ

7月8日が手術以降の診察日です。どうなることでしょう。

More 閲覧注意!汚写真ありですぞ。
[PR]
by junju5-8 | 2015-06-23 13:03 | | Trackback | Comments(0)

長かった一日ふたたび

あれから5年も経つんですね。あの臍から膿、というか結石手術から。

先月末あたり、腰痛いから湿布貼ってくれと先に寝たすぐ後、寝られんと起きてき、腎臓ではと夜間診療に行った。私は少し懐疑的であったんよね。痛がってないし。
結果やはり結石でした。

で、紹介状書いてもらって別の病院へ。手術は前と同じTUL。前回の臍膿話を医師にすると、抗生物質処方された。尿管と繋がってるから関係あるんやって。話してみてよかった。

前日から入院で、今回全身麻酔。酸素吸入で部屋に帰ってきた。手術じたい一時間かからず、予定どおり明日退院です。私の幸運のおかげで全て上手くいったよ。ジャンボ宝くじも下二桁当たったのじゃ。手術だってキャンセルでて、急遽してくれたのだよー。
今回尿管の石をとって、右腎の石を砕いたそう。次は8月。それまでステントというのを入れて生活するらしいです。最低あと二回は手術せなあかん言われてた。ふぅ、、健康が第一ですね。

f0135923_22305768.png


写真は入院一日目、女子サッカー見るのに早起きして昼寝の図。西日避けにハンケチ顔に乗せてたら、入ってきた医師に笑われたよ。そして今日、やっぱり痛いと言う夫は、担当医に「病人になってない?」て聞かれてた。すぐ仕事できる言われてるやん。ステント3年入れてる人いる言うてたやん。慣れてよね。血尿も。

持参したラフマの椅子、とっても重宝しました。付き添いもぐーがー寝てましたとさ。

More
[PR]
by junju5-8 | 2015-06-19 22:30 | | Trackback | Comments(0)

かんわけあ

今朝はモーニングに行く余裕もあったのですが…。
f0135923_0515431.jpg

痛みに耐えかね鎮痛剤(ロキソニン)を飲んで家に帰り、ソファで座ったまま2時間くらい寝たでしょうか。

うどんを食べしばらくしたらいよいよ痛みが酷いらしく、病院に電話すると言います。朝は、先生いるかわからんし消毒だけやからとなだめたんですよ。休日診療代をけちったの。でも痛みには代えられんと電話したら来てよいと言われたらしく、車を出しました。
はたして、主治医もいず洗浄して座薬入れてもらっただけで痛みを和らげる処置はなにもなされなかったそうです。やはり。。。

臍から膿で検索し、おそらく尿膜管遺残という病気、臍炎かもしらんけど、、、であろうことは入院前にわかってました。でも夫には痛みが歩行困難になるらしいことは言ってませんでした。
検索したブログを今朝見せたのですが、本人はそれどころではないですよね。病院には期待しますよ。あ、頼みの綱の座薬(ボルタレン)は貰えたのでよかったかもしれません。

しかし、見守るだけしかできないのはもどかしく苦しいものですね。今は座薬を入れ、寝ていますが。

絶食したほうがいいのでしょう。
明日は、生姜湿布と里芋パスターをしてあげたいです。



13日追
今朝は痛みも昨日ほどではなく、座薬でだましだましですが、洗髪し車で仕事に出掛けました。冗談を言う余裕も昨日よりはあります。朝だからかな。肝心のお臍は、膿に血が混じり細胞が少し出てきました。肉芽(にくげ)だそうです。一難去ってまた一難、本当は一難も去ってないのかもしれませんが、頑張ります!




[PR]
by junju5-8 | 2010-09-12 23:51 | | Trackback | Comments(0)

ながかった一日

お酒ではありません。
f0135923_22401384.jpg

排石のためのお水です。術後に飲まねばなりませんものね。

さて腎臓にあった結石が衝撃波で砕けず尿管に降り尿管結石となったのですが、カテーテル手術(TUL)で全部砕いてくれたそうです。輸液と抗生剤の点滴、麻酔がまだ効いているので今日は尿管カテーテルは入れたままにしておく予定です。外して貰えますが、お手洗いも難儀ですから。食事も普通食、何でも食べていいそうです。
明日の朝でも退院できるとのこと、皮算用はみごとハズレでした。人のこと言えない。私も何を買うかあれこれ考えてたのれす~。
ごく簡単な手術ですが、手術着に頭カバーしてベッドに横になってる夫を目にした時は胸がしめつけられました。程度がどうあれ、やはりこういう所は来ないに越したことないなと改めて感じましたね。

相部屋のご家族の方よりスダチを1箱頂戴し、先の風呂敷に包んで帰りました。ありがとうございます。わーい
f0135923_22401356.jpg



最後に成果報告。
f0135923_22401342.jpg

失礼しました。


[PR]
by junju5-8 | 2010-09-07 22:40 | Trackback | Comments(4)

センチメンタル帰り道

f0135923_22471445.jpg

空色という感じの空でしたね。真っ白の雲が綺麗でした。部屋からは海が見えます。

土曜日あたりからお腹が痛いと言っていたのですがまたかと軽く聞き流してたのです。すると今日お昼に違和感から臍を見ると尾籠な話、膿が溢れシャツを汚していたそうです。シャワーを浴びて綺麗にし昼食をとる間も痛そうなので早目に病院に行くことにしました。

今日入院でよかったです。お臍のことを伝えるとCTを撮ることになりました。どうも尿膜管とやらのようですが、こちらは今後どうなるのでしょう。明日は午後から尿管結石手術でお下の先からカテーテルを入れレーザーで破砕するそうです。私付き添いは病室で待つとのこと。

こちらは相部屋と言っても二人部屋でしかも窓側なので景色も良いのですが、御手洗いに行けない方なので心太方式のあちらがちょっとごにょごにょ。junju個室に移ってればいいな。
早くも保険のことで頭がいっぱいのわが亭主、入院費戻ったらあげるねと皮算用はじきうひうひ言ってましたがどうすることでしょう。相部屋は部屋代不要なんですよ…。お小遣いより快適空間がいいですと、明日もう一度伝えてみます。

そうそう問診に来た看護師さん、私見て「奥さん?」と2度も確認されました。娘にしとけばよかったですかね。


[PR]
by junju5-8 | 2010-09-06 22:47 | Trackback | Comments(6)
トップ

●陰徳陽報●
by junju5-8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
最新の記事
雪の日出張
at 2016-01-28 17:38
日記元年に
at 2015-12-29 13:44
11年
at 2015-12-03 12:56
100万回生きたねこ
at 2015-10-06 15:09
コーヒーはブラックで
at 2015-08-26 06:29
最新のコメント
検索
タグ
ライフログ
記事ランキング
外部リンク
画像一覧